絵と本

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アレキサンダー・カルダー/Alexander Calder | main | "シュシュクル"という焼き菓子屋さん >>
カルダーと言えばサーカス
calder circus 1

CALDER'S CIRCUS
Edited by Jean Lipman with Nancy Foote


カルダーといえば、モビールやスタビル(抽象鉄骨彫刻)を
思う言うかべる人が多いと思うけど、私の場合は、
なんといっても「サーカス」。

calder circus 2
空中ブランコに、馬の上での曲芸、踊り子、道化、
ナイフ投げ、猛獣使いとライオン・・・
デッサンの数も多いが、なんと言っても、
針金、ブリキ、布きれで自作さえれた人形や動物たちが
動く様子は、人生で一度は、見たりいじったりつくったりしたことがある
カタチの延長線上にあうるもの。だからと、いって誰でも
作れるものではないのですけどね。
カルダーの、デッサン力と観察力がつくりだすカタチ。

calder circus 1

カルダーがみずから生みだしたキャラクターを、
みずから動かす「サーカスショー」は、ビデオにも
残っている。

calder circus 4
© 1972 by museum of American art
circus Figures Photographed by Marvichwartz

‪Alexander Calder performs his "Circus" - Whitney Museum‬
http://www.youtube.com/watch?v=t6jwnu8Izy0

COMMENT









Trackback URL
http://etohon.jp/trackback/45
TRACKBACK