絵と本

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Pbalo Picasso Plakate 1923-1973 | main | グレート・アイデアズ >>
Tim Burton @MoMA
Tim Burton 1

ティム・バートン展が、
2010年4月26日まで、
ニューヨークのMoMAで開催されていて、
姉がわざわざ送ってくれた。うれしい。

Tim Burton in The Museum of Modern Art
November 22, 2009–April 26, 2010
▶MoMA exhibition page
▶MoMA exhibition calendar

Tim Burton 2

図録は、シンプルだけど表紙のタイトル文字が
UV印刷であったり、本文の組版に工夫があったり、
僕にとっては大変貴重な一冊。
ティム・バートン(本名:Timothy William Burton)は、
ディズニーのアニメターとして、その経歴をスタート。
以来、映画製作に携わるようになり、
1982年よりほぼ1〜2年ごとに映画の製作、監督を続け
そして、配給しているところがすごい。

すべての作品のファンだが、
僕の中では、重要な2つのラインがある。
ひとつは、ジョニー・デップとのコラボ作品
ジョニー・デップとティム・バートンは親友同士。
彼らは、お互いの「役」をよくわかっているのだろう。
双方がその「役」に徹すると高いクオリティの映像表現ができることを
よくわかっているように感じる。

ふたつめは、ストップモーション・アニメーション作品■。
レイ・ハリーハウゼン(Ray Harryhausen1925-)の『シンドバッド黄金の航海』
(The Golden Voyage of Sinbad/1973年)に魅せられて以来、
ストップモーション・アニメには、一方ならず感心を持ち続けている。
さらに、ティム・バートンのキャラクター達が心をつかんで離してくれない。
そのキャラクター達は、エドワード・ゴーリー(Edward Gorey/1925-2000)の
絵本に登場するキャラクターと並んで、僕の中では「双璧」。
残酷で不条理、どことなくクラシカルでシニカル。
そして、寓意性に優れているところは、芸術としても価値が高く
MoMAにおける今回の展覧会開催も納得してしまう所以。

それにしても、
2010年4月の『アリス・イン・ワンダーランド』Alice in Wonderland
の公開が待ち遠しい…。

Director filmography ++++++++++++++++++++++
1982年『ヴィンセント』Vincent
1984年『フランケンウィニー』Frankenweenie
1985年『ピーウィーの大冒険』Pee-wee's Big Adventure
1988年『ビートルジュース』Beetlejuice
1989年『バットマン』Batman
1990年『シザーハンズ』EDWARD SCISSORHANDS - 監督/製作/原案
1992年『バットマン・リターンズ』Batman Returns - 監督/製作
1993年『キャビン・ボーイ/航海、先に立たず』 - 製作
1993年『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』The Nightmare Before Christmas - 製作/原案
1994年『エド・ウッド』Ed Wood - 監督/製作
1995年『バットマン・フォーエヴァー』Batman Forever - 製作
1996年『ジャイアント・ピーチ』James and the Giant Peach - 製作
1996年『マーズ・アタック!』Mars Attacks! - 監督/製作
1999年『スリーピー・ホロウ』Sleepy Hollow
2001年『PLANET OF THE APES/猿の惑星』Planet of the Apes
2003年『ビッグ・フィッシュ』Big Fish
2005年『チャーリーとチョコレート工場』Charlie and the Chocolate Factory
2005年『ティム・バートンのコープスブライド』Corpse Bride - 監督/製作
2007年『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street - 監督
2009年『9(ナイン) 〜9番目の奇妙な人形〜』9 - 製作
2010年『アリス・イン・ワンダーランド』Alice in Wonderland - 監督/製作
++++++++++++++++++++++++++++++++++
COMMENT









Trackback URL
http://etohon.jp/trackback/26
TRACKBACK