絵と本

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
阪神淡路大震災から17年
1995年1月17日、兵庫県西宮市で出産予定日を迎えていた次男は、
5日遅れで無事誕生。今年、17歳。今も「明日」は、来ている。

「 1.17から17年。未明の淡路島で東北に届けと『上を向いて歩こう』。
 今年の卒業式には君が代より これがいい。」
(2012年1月17日 朝日新聞 "素粒子"より)

命、絆、希望。
1.17から、3.11へ。

生かされたことに感謝。
活かされることに多謝。

毎日毎朝、以下のことを自然に思い出したい・・・
9.11同時テロの後、アメリカで朗読され、世界中が涙した詩
+++++++++++++++++

最後だとわかっていたなら
作/ノーマ・コーネット・マレック
訳/佐川 睦   

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
わかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも
いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは後悔しないだろうから

+++++++++++++++++
戦争に勝ちも負けもない
花咲く丘


+++++

戦争に勝ちも負けもない。
あるのは滅びだけである。
人間は戦争するために生まれたのではなかった。

永井 隆

+++++