絵と本

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
"シュシュクル”さん、再開
シュシュクル、再開

半年お休みをしていた、
焼き菓子屋「シュシュクル」さん
本日から、お店を再開しました。
→"シュシュクル"という焼き菓子屋さん

SUSUCRE
本命、いただきました
DELMEL

これが、シンプルで一番美味しい。
猫の「舌」に注目。
DELMEL_中

箱の裏蓋もさすがに凝ってます。

DELMEL ウチ箱


続きを読む >>
"シュシュクル"という焼き菓子屋さん
BOX

近所に、「SUSUCRE(シュシュクル)」という
焼き菓子屋さんを発見。
ザラッとした素材のプリミティブな紙でできた箱に
好きなクッキーを選んでパッケージしてくれる
単色刷りで子どもとウサギが手をつなぐイラスト。
どこかで見たことがあるタッチの絵・・・・。

おかし

まず、お菓子のカタチと、ネーミングがおもしろい。
「くるくるいちご」とか、「ぷりぷりはーと」とか。
いや、冗談じゃなくてね、手のひらでぎゅっとにぎった
クッキーとかあるわけ。

そうそう、気になるのはお味。
「…うまい」。正確には、私にとってはとてもうまい。
クッキーのことは、詳しくありませんが、
上新粉を使用したさくさく、ほろほろとした食感。
この口溶けの良いクッキーが私は好きなのです。

世の中的には、クッキーはざっくりと
以下のように分類されているらしい。

しっかり

|<ビスケット
|<クッキー(にも色々あるらしい)
|<サブレー
|<ショートブレッド・クッキー

さくさく

私は、ほんとは、どれも好きなんですけどね。

ぐりとぐら_s.jpg

さて、「SUSUSCRE」さんのパッケージのお話にもどるのですが、
おそらくは、たいていの方は、この絵本のお世話になったんじゃないかな。
ずいぶんいい歳の私も、子どもの頃に読みました(というか家にあった)。
小さい頃、教科書のように誰の家にも一冊はあるもんだと思い込んでました。
その「ぐりとぐら」、やまわきゆりこさんの絵には何か普遍的な日常の味がある。
パッケージの絵は、そのやまわきさんが描いているそうです。
そか、バターとお砂糖のいいにおいのする「SUSUCRE」さんのお店の空気は、
「ぐりとぐら」の黄色いカステラの空気と似ているのだな。