絵と本

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
有名人のポートレイトにも勝る "Small Trades"

small trades
                     IRVIN PENN
                   SMALL TRADES


アービング・ペンは、膨大な数の著名人のポートレイトを撮影しています。
しかし、本書は、彼のキャリア初期の"Small Trades"
「小さな商売人たち」とでも言うのでしょうか。
街で働く「労働者たち」の写真を1冊にまとめた写真集。
「街で働く人々」と簡単に言い表せない魅力的なポートレイト集めた一冊。
写真集にまとめられた数だけでも210。
おそらくいろいろな人間模様を抱えていた「Small Trades」たちは
みんなプライド高げに、カメラの前に寡黙に立って被写体となっています。
そうさせたのもアービングペンの写真家としての「技術」のひとつ
だったように感じます。

ペンキ職人、ウェイター、石炭労働者、ダンス教師、雑役婦、
消防士、お針子、彫刻モデルなど、様々な仕事着と道具とともに、
シンプルな背景と自然光で撮影されています。
これだけの人々を撮り続けた写真は、
肖像写真としてのクオリティの高さを語ると同時に、
彼の文化人類学者のような眼差しを持って
人々を見続けたようにも思えます。
国が変われば、同じペンキ屋さんのスタイルも変わります。
俳優、作家などの著名人は、ひと目見れば「誰」だとわかるけど、
「Small Trades」にとっては、機能的な仕事着も含めた容姿だけが存在の証明。
考えてみれば、アービングペンにとっては、
労働者の姿も、著名人の顔も「ファッション」の
一部にすぎなかったのかもしれません。

Paris, House Painter (1950)
small trades 3

London, Hpuse Painter (1950)
small trades 1

Paris, Waiter (1950)
small trades waiter
(この人は、Les Deux MagotsのGarçonらしい)
 

続きを読む >>
アービングペンと三宅一生
Irving Penn & Issei Miyake 1
    IRVING PENN PHOTOGRAPHS
                         IN THE
           ISSEI MIYAKE COLLECTION


三宅一生氏がコレクションずるアービングペンの写真の図録。
濃いブルーのクロス地にシルバーの箔押しのタイトル。
24cm×27cm。印刷と装丁は、アメリカ。


Irving Penn & Issei Miyake 2

もっとも好きなカメラマンのひとりアービング・ペンは、
1943年にヴォーグ誌でカメラマンとして
働くようになり、約60年以上に渡って、ファッション、静物、
ポートレートなどの分野で作家活動を続けました。

そのアーヴィング・ペンと三宅一生氏との

Visual Dialogueともいう展覧会が
21_21 DESIGN SIGHTで行われています。

1983年に、ボーグ誌のためにはじめて三宅一生氏の服を撮影してから
がふたりの交流のはじまり。このコラボレーションを
田中一光氏ディレクションのポスターで長年目にしてきた。
驚くのは、三宅氏は、アービングペンの撮影に対して、
クリエイティブなディレクションをすることは一切なかったそうです。

ペンは、三宅一生氏から送られてくる新しい作品である服を
撮影する前にかならず綿密なスケッチを行った形跡は同展覧会で見ることができました。。
服を着たモデルとその動きを見ながらイメージを膨らませて気に入った形が
決まるとそこでモデルの動きを止めてスケッチをおこす。
常に、服を理解して、「命」をあたえるモデル選びをしたのだそうです。

カメラの前に立っていきなりシャッターを押すことなんてありえないのですね。
そのスケッチと写真、ポスターの
Visual Dialogueを同展覧会で
見ることができたのはとても幸いでした。
そして、今日は、その尊敬するアービングペンの三回忌合掌

penn poster
© Copyright 2007-2011 21_21 DESIGN SIGHT
Save Polaroid
polaroid

2008年2月8日、Polaroid株式会社が
インスタントフィルムの生産中止を発表してから
約2年でポラロイドが復活した。
「Save Polaroid」という活動が復活への道を支えた。

私が持っている機種は、「SXシリーズ」ではないけれど、
このフィルムの「色」にこだわるファンのひとり。
ポラファン仲間(ポタポラ)も少なくない。
iPhoneの『Polarize』というアプリなどは、
その人気ぶりを象徴しているだろう。
続きを読む >>
複製技術時代の芸術
Walter Benjamin

ヴァルター・ベンヤミン
(初版は、1936年)

20世紀は、映像の世紀だったと言ってもいい。
映画や写真の複製芸術には、どのような可能性があるのか。
思想家であるベンヤミンは、1936年代に映像芸術論を著している。



DUST MY BLOOM
DMB

著者:菅原一剛
印刷/製本:凸版印刷株式会社

 

続きを読む >>